カテゴリー別アーカイブ: 海外送金(日本からマレーシアへの送金)

mm2h定期預金口座開設銀行の選択

15万リンギの定期預金を何処に作るか。
金利で選ぶ人もいるようです。
エージェントに特定の銀行を指定される場合も有るようです。

私は、自由に選べたのですが。

HSBCにしました。
理由は、HSBC プレミア口座を開設したかったから。
マレーシアでの条件は、20万リンギ相当以上を預けること。
なので、5万リンギ余分に預ければ、満たせます。

純粋に、マレーシアでの生活の為を重視するなら、
Maybank
CIMB
が候補になるでしょう!

HSBCでは、日常経費の支払いとかでは、出来ないことが多いです。現地の外銀ですから。外銀の割りには支店が結構沢山有りますが。

さて、何故私はHSBCプレミア口座を選んだか?
1国で開設すると、他国のHSBCでプレミア口座を少額で開設出来るからです。

まあ、出来る状態が欲しかっただけで、当面活用の場面は無いのですが。。。。
香港、シンガポール、英国、、、、
HSBCプレミア口座を開ける国
そして、その口座間で簡単に送金出来ると聞きます。

香港上海銀行との名前ですが、英国が本部の大きな外銀です。

ここへの送金について。

私は、シティバンク銀行の店頭から円を送金しました。(シティバンクの場合、他行への円送金は、ネットバンキングで出来ない制約が。米ドルなら出来ますよ。)

中継銀行には、HSBC東京支店(法人営業を継続してます)を指定して
Swift codeに、
HBMBMYKL THRU HSBCJPJT
と書きました。
2時間ぐらいで着金しました。

この送金だと、外為円決済手数料2000円で済みます。シティバンクゴールド口座なら、無料です。
厳密には、着金銀行が300円位手数料を取ったかと。

シティバンク銀行は、残念ながら秋に売却されます。どんなサービスになるのか。気になる所です。

後で気づいたのですが、mm2hの資産証明、給与入金証明をするのに、シティバンク銀行の英文ステートメントを使えば、簡単に証明出来るかと。

HSBCマレーシアには、円口座も開設し、そこで受けて。
何度かに分けて(ドルコスト平均法)、ネットバンキングで、リンギ口座に移しました。

プレミア口座では、優遇レートでの両替が出来ます。日中変動するレートです。

image送金依頼書

この依頼書をリレーションシップマネージャ(ようは担当営業)に提出します。

では、日本に居ながらにするにはどうするか?
サイン済みの依頼書を預ければ良いと言われました。
4枚ほど預けて、後日郵送出来るように白紙をもらいました。

その日の晩になって。もし、行員が悪い事を行ったらどうなるか?と心配になり、翌日店頭に出向き、送金先口座を記入したのでした。

この対応は、2013年7月にブキビンタン支店でのことです。
他支店でも同様かは、わかりません。